診察の流れ

病院

泌尿器科の診察はどのような流れになっているのでしょう。日常生活においては敬遠してしまいがちかも知れないこの診療科ですが、やがて診察を受ける日が来るかも知れません。新宿や全国にある泌尿器科の診察の流れをあらかじめ押さえておきましょう。

検査と対策方法

医師と患者

尿失禁の疑いがある場合には、問診と診察を行なうことが必要です。全国の泌尿器科で検査をすることになりますが、その際には検尿や専門的な検査を用います。ここで様々な検査について確認します。
はじめに行なわれるのは尿検査です。尿の成分を調べることで様々な症状を判別します。尿路感染症などの症状があるかどうかが分かります。これは体に負担のかからない検査法となっています。次にお伝えするのはpadテストです。これは単なる検査とは異なり、被験者による運動が必要です。被験者は水分を摂取した後に60分程度運動をします。この内容はクリニックから指定を受けることが多いです。運動の前後でパッドの重量を計ります。その結果から、尿失禁であるかどうか、また、その症状の進み具合が判定できます。
通常であれば、これらの検査で尿失禁であるかどうかは判定できるようになっています。しかし、場合によっては更なる検査を行なうこともあります。その検査とは、チェーン膀胱造影検査と呼ばれるものです。その内容は、尿検査とは違い被験者の体に影響を与えるものです。まず膀胱にチェーンを挿入し、その状態で造影剤を注入します。この検査は、特に腹圧性尿失禁の判定に有効です。
では、これらの検査で尿失禁だと診断された際には、どのように対策すれば良いのでしょう。その内容は、重症度によって違いが出てきます。例えば、腹圧性尿失禁の症状が軽い場合には骨盤底筋体操を用いることで対策ができます。尿道周辺の筋肉を適切な運動で強くするのです。運動による療法のため、尿失禁の対策としては軽いものとなります。その方法でも改善しないような尿失禁の場合には手術を行なうことで対策とします。手術にも様々な種類があります。手術という大きい対応なので、担当医と事前に打ち合わせをするようにしましょう。

性病の検査

男女

現在では、梅毒などの様々な性病に頭を悩ませる方もいらっしゃるのではないでしょうか。適切な検査を受けたいところですが、性病の検査には様々な方法があります。その内容を把握しておきましょう。

梅毒を防ぎたい

ナース

古くからその名が知れ渡っている梅毒は、現在でも主流の性病として世間に蔓延しています。適切な検査を行なうことで防ぐことができますが、その特徴をあらかじめ知っておくことでより意識を高めておきましょう。状況に応じて医師の診察を受けましょう。