梅毒を防ぎたい|尿失禁が発覚した場合には適切な検査と対策を

梅毒を防ぎたい

ナース

かつて梅毒は、治療法がなく人を死に至らしめる病気として恐れられていました。その症状は段階的に進んでいき、死亡に至るまでに10年程度とされています。しかし現在は技術が発達し、適切な検査によって発見および治療ができるようになっています。
ペニシリンという物質が梅毒に対して非常に有効で、症状を完治させることができます。梅毒の基本的な感染手段は病原菌です。体の粘膜などのあらゆる箇所から感染することが特徴で、仮に口に怪我がある場合にはキスによっても感染してしまいます。また、オーラルセックスによっての感染も行なわれてしまうという恐ろしい病気なのです。
梅毒の症状についてお伝えします。その症状が見られるのは、感染してからおよそ3週間後から3か月後にかけてとされています。内容としては、しこりの出現です。感染部分に硬いしこりができ、自然に消えます。しこりは小さいため気付きにくい場合もあります。自然に消えた後も病原菌自体は体内に残って広がり続けているため、気付かないまま病気が進行します。およそ3年かけてそれは進行し、やがて高熱やリンパ節の腫れという症状となって現れます。手足に赤い発疹がでる場合もあります。検査により梅毒が見つかっていれば、その症状には至らないことがほとんどです。
梅毒の治療について確認しましょう。最も効果があるのは、冒頭でもお伝えしたペニシリンです。検査により梅毒が発覚した場合、ペニシリン系抗生剤を用いて治療にあたります。症状次第で完治までの期間には差がでますが、初期感染の場合はおよそ2週間から4週間程度です。治療が遅れるほど完治までに時間を要することになりますので、早めの検査が望まれます。