性病の検査|尿失禁が発覚した場合には適切な検査と対策を

性病の検査

男女

ある日を境に体調がすぐれなかったりする場合があるかも知れません。そういった時にパートナーや関係のある方が性病に感染しているという話を聞いてしまったら、自らもその疑いがあるのではないかと感じてしまうのではないでしょうか。現在の性病は、未だ脅威の残る梅毒を筆頭に様々な種類や感染経路があります。そういった性病を検査する方法について、ここでお知らせします。梅毒などの様々な性病がこの検査によって見つかることでしょう。
まず取り上げられる方法は、病院で検査を受けることです。専門的な知識と実績が備わっている病院で診察を受けることにより、梅毒などの様々な性病を発見することができます。診療科としては、泌尿器科や産婦人科などで検査することができます。気になる費用としては、検査料および初診料と診察代が発生します。また、保険の適用があるかどうかは確認しておきたいところです。症状がない場合には保険適用外とされることがあるようです。事前に診療科へ確認しておくことで、認識の齟齬を防ぐことができます。病院での検査における最大の利点は、もしも梅毒などの症状が認められた場合はそのまま治療を行なうことが可能である点です。
次に取り上げる方法は保健所での検査です。実は、保健所では性病の検査を行なっているのです。全国各所で検査を行なっているので利用するのもひとつの手段でしょう。保健所で行なう検査の特徴として、検査費用が無料であるという点があり、これは利用者にとっては非常にありがたい点です。基本的に、保健所ではHIVの検査を中心に行なっています。どういった性病が検査対象となっているかは、事前に確認してみると良いでしょう。
最後にお伝えするのは検査キットを用いた検査です。これは薬局で販売されており、使用したものを検査機関に送ることで結果を得られます。症状が軽い場合に用いられることが多いです。